岡山ゴルフ倶楽部(帯江コース)のコース紹介

眼下に広がる倉敷市街地を望む丘陵コース。
周囲の自然の地形を生かし、ゆるやかで適度なアンジュレーションがある。
豊かな松林と自然林を生かした設計のため、コース内も枝ぶりの良い松などが残されている。
アウトは7番の谷越えのように距離こそないが、メンタル面で厳しいホールが多く集中力を高めてスコアメークしたい。
インは11番・16番が打ち下し、12番が谷越えというように変化があり距離もある。

帯江コース

15H PAR4 HDCP7

帯江コース IN・15

帯江コース IN・15 PAR4
BACK TEE 400 REG TEE 385 FRONT TEE 365 SPECIAL TEE 345

左へドッグレッグしたミドルホールで左右共に受けていなくしかもセカンド地点は左下りの前下りと油断できないホール。
グリーンも左側へ傾斜しているため、手前からは左へ大きく流れる。
まずティーショットはセンターの松林からやや右狙い。そこそこは距離を出したい。
セカンド地点は前と左サイド下りのライなので歯切れの良いショットを。グリーンは右側から狙えばカップに寄って行く。

帯江コース IN・15
帯江コース IN・15