岡山ゴルフ倶楽部(帯江コース)のコース紹介

眼下に広がる倉敷市街地を望む丘陵コース。
周囲の自然の地形を生かし、ゆるやかで適度なアンジュレーションがある。
豊かな松林と自然林を生かした設計のため、コース内も枝ぶりの良い松などが残されている。
アウトは7番の谷越えのように距離こそないが、メンタル面で厳しいホールが多く集中力を高めてスコアメークしたい。
インは11番・16番が打ち下し、12番が谷越えというように変化があり距離もある。

帯江コース

4H PAR4 HDCP1

帯江コースOUT・4

帯江コース OUT・4 PAR4
BACK TEE 440 REG TEE 420 FRONT TEE 395 SPECIAL TEE 345

距離のある難易度が高いミドルホールである。左はOBで右はセーフ。ティーショットは打ち下ろしであるが距離を出したいホールでもある。セカンドはゆるやかな登りで距離を残すとやっかいだ。グリーンの奥は小山で受けているが距離を誤るとOBとなる。
手前中央花道より控えめに攻めたい。グリーンはほぼフラット、右ガードバンカーはグリーン半分ガードしているので直接は高いキャリーの球を要求される。

帯江コースOUT・4
帯江コースOUT・4