岡山ゴルフ倶楽部(帯江コース)のコース紹介

眼下に広がる倉敷市街地を望む丘陵コース。
周囲の自然の地形を生かし、ゆるやかで適度なアンジュレーションがある。
豊かな松林と自然林を生かした設計のため、コース内も枝ぶりの良い松などが残されている。
アウトは7番の谷越えのように距離こそないが、メンタル面で厳しいホールが多く集中力を高めてスコアメークしたい。
インは11番・16番が打ち下し、12番が谷越えというように変化があり距離もある。

帯江コース

9H PAR4 HDCP15

帯江コース OUT・9

帯江コース OUT・9 PAR4
BACK TEE 300 REG TEE 285 FRONT TEE 270 SPECIAL TEE 255

アウトコース最終の短いミドルホールで200Y以下にティーショットを運ぶ方が安全。残りも120Y弱とショートアイアンで狙える。
グリーン手前のガードバンカーは深く寄せるのが難しい。
リズムを崩すとスコアーに影響するホールなのでゆったりと。グリーンは左右へ流れた受けグリーンでカップゾーンへ乗せれば好スコアーも可能だ。

帯江コース OUT・9
帯江コース OUT・9