岡山ゴルフ倶楽部(帯江コース)のコース紹介

眼下に広がる倉敷市街地を望む丘陵コース。
周囲の自然の地形を生かし、ゆるやかで適度なアンジュレーションがある。
豊かな松林と自然林を生かした設計のため、コース内も枝ぶりの良い松などが残されている。
アウトは7番の谷越えのように距離こそないが、メンタル面で厳しいホールが多く集中力を高めてスコアメークしたい。
インは11番・16番が打ち下し、12番が谷越えというように変化があり距離もある。

帯江コース

7H PAR4 HDCP18

帯江コース OUT・7

帯江コース OUT・7 PAR4
BACK TEE 305 REG TEE 305 FRONT TEE 290 SPECIAL TEE 280

距離の短いサービスホール。谷を確実に越すと問題は残らない。思い切ってバーディーを狙えるホールでもある。
谷越えは右側で140Y、左側で120Y必要で見た目程遠くないので自信を持って、冷静に。
ティーグラウンドよりグリーン面は7Mの上りである。グリーンはゆるやかな前後の二段グリーンで旗の根元が見えないので距離判断がポイント。

帯江コース OUT・7
帯江コース OUT・7